ヨーロッパ 旅の小窓
シルクステビア
プロフィール

武蔵母

Author:武蔵母
WINDS ASSOCIATION主宰の武蔵母のもう一つの顔は犬の育成をサポートする会社「Tail up !」の店長です。
2007年2月にオープンした「Tail up !」は、2006年7月にスタートした「EAV Labo. for animals」を併設して、Dogs&Catsの健康管理をお手伝いしています。

最近の記事

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツェルマット②
標高1620mの素朴な村ツェルマット。
周囲には4000mを越える峰が29も集中しているが、谷が深すぎて村からはほとんど見えない。耀きながら蛇行する無数の氷河もまたどれ一つ見えない・・なのに何故こんなに人気があるのだろう?
それは村の奥に鎮座する山、マッターホルン(4478m)があるから・・
18世紀の昔から、人々はマッターホルンに憧れてツェルマットにやってきた。今でもアツピニストの聖地であることに変わりなく、スイスでは最高の名誉職と言われる山岳ガイドも80名を数える。

表情を変えるマッターホルンの雄姿をいっぱいご紹介しますね。
この日はあまりに天気が良いので、早速ゴルナーグラートに登ってみることにしました。
GGBはアルプス登山ブーム全盛期の1898年(明治31年)に開通したアプト式登山鉄道。
MVC00042.jpg
左側のトンネルがホテルへの入口。迎えの車はこの中に吸い込まれ、岩場に建つホテルの真下に到着。エレベーターでフロントに上がってチェックインします。
MVC00043.jpg
最初の停車駅フィンデルバッハの滝。

MVC00047.jpg
マッターホルンが見える時には、進行方向右側に座ることをお勧めします
MVC00046.jpg
スキー場のリフト乗り場も夏の間は羊の餌場に早変わり
MVC00048.jpg
コリー犬も一緒に山登り。
MVC00051.jpg
ローテンボーデン駅。ここは氷河を越えてモンテ・ローザ(4634m)へ行く登山道の出発点。
MVC00053.jpg
オーバー&ウンターロートホルン(3415m/3100m)を望む。
MVC00052.jpg
ゴルナーグラートに到着。

MVC00060.jpg
美しいマッターホルンを撮していると・・
MVC00055.jpg
これから犬と一緒に歩いて下山するようです。
MVC00062.jpg

MVC00064.jpg
こちらでは犬連れ・バギー持参の子連れはしょっちゅう見られる光景でした。

MVC00066.jpg


MVC00058.jpg
右側の今にもドサッと落ちそうな雪の帽子をかぶっているのが、ブライトホルン(4165m)
正面の氷河がブライトホルン氷河。
MVC00061.jpg
天文台のあるホテル。ただ今修理中。
MVC00068.jpg

MVC00069.jpg
犬達はノーリードで自由に駆け回りながら、下山して行きました。
MVC00072.jpg
でっかいバーニーズ。飼い主さんが好意的に撮影を許可して下さいました
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。