FC2ブログ
ヨーロッパ 旅の小窓
シルクステビア
プロフィール

武蔵母

Author:武蔵母
WINDS ASSOCIATION主宰の武蔵母のもう一つの顔は犬の育成をサポートする会社「Tail up !」の店長です。
2007年2月にオープンした「Tail up !」は、2006年7月にスタートした「EAV Labo. for animals」を併設して、Dogs&Catsの健康管理をお手伝いしています。

最近の記事

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイスの旅-シャウハウゼン~シュタイン・アム・ライン
久しぶりに旅行記を綴ってみます。
場所は2005年の夏に行ったスイスです。
この旅は私の新婚旅行に同行して下さった添乗員のSさんお勧めのコース&日程でした。
Sさんは春、桜の咲く頃に日本に帰って来て、JTBの海外旅行の添乗員として働き始めます。そして秋のツアーを終えると冬の間はスイスに滞在して、スキーツアーの添乗をしたり、子供にスキーを教えるインストラクターとして暮らしています。
さすがに現地を充分に知り尽くした方のアレンジだったので、本当に充実していて快適な旅でした。

2005年7月30日 パリ経由でチューリッヒに降り立ち、レンタカーでシャウハウゼンへ。
ライン川沿いのシャウハウゼン。この町の約4Km下流で川はその1300Kmに及ぶ流れの中でただ1ヶ所滝となって流れ落ち、船の運行を妨げています。
川を下る船がやむを得ず荷物を一旦陸へ上げたのが、この町の始まり。
20060905122911.jpg
<ヨーロッパ随一の大きさと言われるラインの滝>幅:150m 高さ:約25m  水量:毎秒5t
20060905122924.jpg
画面が暗くてよく見えませんが、赤いヤッケの左側にバーニーズがいます。
20060905122940.jpg
やはりバーニーズはこのくらい大きくないと、らしくありませんよね!
20060905123002.jpg
滝に向かって右側にあるレストランの入った建物。この側にライン川クルーズの乗り場もありました。

次にシュタイン・アム・ラインの町へ。
中世の雰囲気を残す町としてはスイスの中で第1位に挙げられる。
町の起源はローマ時代にまでさかのぼる。
20060905123029.jpg
       20060905123044.jpg
       <ベネディクト派の聖ゲオルグ修道院>
20060905123104.jpg
珍しい彫刻の入口のドア。

20060905143312.jpg
壁画の美しさには定評のある町です。
20060905143357.jpg
市庁舎広場
20060905143427.jpg
市庁舎広場から延びるUnderstadt通り

20060905143537.jpg

20060905143647.jpg
出窓が雰囲気を一層かもしだしている。
20060905143702.jpg
広場の建物は15世紀以降に建てられたもの。
20060905143834.jpg
<ウンター門>旧市街はここで終わる
20060905143810.jpg
歩いて来た道を振り返って、市庁舎Rathausと聖ゲオルグ修道院の尖塔を望む

途中にあるリントヴルム博物館に入ってみました。
20060905150505.jpg

20060905150025.jpg
19世紀の市民生活にタイムスリップ。
20060905150041.jpg
素敵な食器が使われています。
20060905150102.jpg
手芸の部屋のテーブルに置かれているレース編み機
20060905150122.jpg
ボビンレース編み機
20060905150207.jpg
部屋の暖房兼オーブン
20060905150227.jpg
寝室
20060905150404.jpg
アトリエ
20060905150245.jpg
猫(もちろんお人形ですよ~)のいる台所
20060905150318.jpg
アイロン部屋の前にあるアイロンを暖めるストーブ
20060905150336.jpg
オシャレな子供用の椅子
20060905152401.jpg
博物館の前で。
20060905150653.jpg
町の北側にあるオーバー門。これをくぐって行くと180mの高台にあるホーエンクリンゲン城があるのですが、これからベルンまで行かなくてはいけないので、あきらめました。



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。