ヨーロッパ 旅の小窓
シルクステビア
プロフィール

武蔵母

Author:武蔵母
WINDS ASSOCIATION主宰の武蔵母のもう一つの顔は犬の育成をサポートする会社「Tail up !」の店長です。
2007年2月にオープンした「Tail up !」は、2006年7月にスタートした「EAV Labo. for animals」を併設して、Dogs&Catsの健康管理をお手伝いしています。

最近の記事

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミハス~ロンダ
コスタ・デル・ソルの海岸線にあるフエンヒローラから9km、山の中腹に、白い町で知られるミハスがある。
20051110152228.jpg

20051110152450.jpg
ミハスよりフエンヒローラと地中海を望む
20051110152839.jpg
右側の通りをアップにすると・・(朝早いので影になっていて、綺麗に写っていませんね。)
20051110152351.jpg
ガイド本の写真によく使われている街並みです。
20051110153019.jpg
岩をくりぬいてつくった小さな祠にマリア像が祭られています。

さすがに観光のメッカのミハスには、純血種が多く見られました。
20051110153208.jpg
<ラブ>
20051110153234.jpg
<サモエド>

ここでは面白いものを発見。
20051110153455.jpg
通路に男の人の後ろ姿が写っているでしょ?この人パン屋さんです。何故わかるかっていうと・・
20051110153520.jpg
この2つのドアの間のフックにかかっている白い袋の中身が、パンなのです。彼はパンを配達に来て、これにかけて行きました。ちなみにこのお家はレストランです。

ここには珍しい四角い闘牛場があるそうです。
20051110154708.jpg

もう一つ、ロバのタクシーが名物です。
20051110155104.jpg
ロバさん達の出勤風景。
20051110155246.jpg
額のプレートには「ミハス・ロバのタクシー何号」と書かれています。

ロンダの町は新市街と旧市街がグアダレビン川の刻んだ深い渓谷によって隔てられている。2つの町をつなぐヌエボ橋の下は100m以上ある絶壁が切り立っている。
20051110160119.jpg

20051110161245.jpg
<ヌエボ橋>
20051110160028.jpg


近代闘牛の発祥の地ロンダ。この町に生まれた闘牛士フランシスコ・ロメロが18世紀に、それまでは馬に乗りながら牛を狙っていたのを、初めてムレータと呼ばれる赤い布と剣だけで牛に挑んだ。
20051110161457.jpg
1785年に建てられたスペインでも最古の闘牛場のひとつ。

ロンダで出会った犬
20051110162531.jpg

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。