ヨーロッパ 旅の小窓
シルクステビア
プロフィール

武蔵母

Author:武蔵母
WINDS ASSOCIATION主宰の武蔵母のもう一つの顔は犬の育成をサポートする会社「Tail up !」の店長です。
2007年2月にオープンした「Tail up !」は、2006年7月にスタートした「EAV Labo. for animals」を併設して、Dogs&Catsの健康管理をお手伝いしています。

最近の記事

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルリンの?
前回は犬三昧でしたので、今日はまず町中で気になったものをご紹介しましょう。
20050927194255.jpg
皆さんこれなんだと思いますか?
工事現場にあったのですが・・・どなたかご存じでしたら、教えて下さ~い!

20050927194350.jpg
<ベルリンの自転車置き場>
「所変われば品変わる」ですね。
こうやって立てかけて、バイプにチェーンで固定しておくようです。

20050927194440.jpg
<ベルリンの鳥かご>
町の真ん中に作られた大きくておしゃれな「鳥かご」です。
中の鳥たちを見せられないのが残念!

あとは・・ベルリンのシンボル的建造物を2つばかり。

20050927194536.jpg
<ブランデンブルグ門>
門の上の勝利の女神と4頭立ての馬車カドリカを正面から写すのが普通ですが、裏から撮ってみました。
1788~91年にプロイセン王国の凱旋門として、アテネの神殿の門を手本に建てられました。
東西分裂時代は門のすぐ側に「「ベルリンの壁」が築かれていたため、この門はくぐることは出来なかったそうです。

20050927194850.jpg
<赤の市庁舎>
赤いレンガの色が印象的なベルリンの市庁舎です。

旅はドイツを北から南へと移動して、ポツダムにやって来ました。
ポツダムにはフリードリヒ大王が愛した夢の園、サンスーシ宮殿があります。

20050927194946.jpg
<サンスーシ宮殿>
「サンスーシ」とはフランス語で「憂いのない」という意味です。
日本語では「無憂宮」と呼ばれています。
階段状のぶどう園の上に建てられた宮殿は、下から見上げた姿が特に美しい・・・

20050927195102.jpg
<サンスーシのテラス>
ぶどう棚を上がるとこのテラスに出ます。これは宮殿に向かって左端になるのですが、反対側には大王と王の愛した犬達が眠る墓があります。

20050927195150.jpg
<王と犬達の墓>
生前、人嫌いで犬しか信用しなかったという大王は、宮殿の横に造った11匹の犬達の墓に自分も一緒に埋めて欲しいと願った・・・

20050927195233.jpg
<犬達の墓>
しかし、王の希望に反して遺体はポツダムのガルニソン教会に埋葬-->テューリンゲンの岩塩鉱に隠され-->ホーエンツォレルン城に安置された。(46年間)

20050927195321.jpg
<王の墓>
東西統一を経た1991年8月ようやく王の希望は叶えられた。
今、フリードリヒ大王は愛する犬達と共に静かな眠りについている。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。