FC2ブログ
ヨーロッパ 旅の小窓
シルクステビア
プロフィール

武蔵母

Author:武蔵母
WINDS ASSOCIATION主宰の武蔵母のもう一つの顔は犬の育成をサポートする会社「Tail up !」の店長です。
2007年2月にオープンした「Tail up !」は、2006年7月にスタートした「EAV Labo. for animals」を併設して、Dogs&Catsの健康管理をお手伝いしています。

最近の記事

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルハンブラ宮殿
グラナダと言えば、アルハンブラ宮殿ですよね。
ただし、アルハンブラ宮殿の入場チケット購入には注意が必要です。
夏期、特に8月の見学者は著しく増加します。切符の販売は閉館1時間前となっていますが、1日の入場者数は8800人(日曜は6000人)と限られていますので、昼頃行っても、もう完売で入場出来ないって事になります。
20051028123422.jpg

20051028123327.jpg
ちなみに私たちも朝8時に到着しましたが、すでに長蛇の列でした。
確か・・10時30分~のチケットが取れたと記憶しています。
もう一つ、チケットには何時から何時までの間に入らなければならないか示してありますので、守らないと無効になってしまいますからね!

チケット購入の列に並んでいる人達の間を縦横無尽に走り回って遊ぶ野良犬3匹。
20051028124511.jpg
痩せてはいるものの、つやはありますし、穏やかな顔つきです。
20051028124530.jpg
 このチビさんは他の所にも出現し、物怖じすることなく悠々と歩き回っていました。さらに猫ちゃんの餌を一緒に食べていました。
20051028124600.jpg
 この小さい方の子は事故にあったのでしょうか、前足がずれていました。

チケット購入後、入場まで周りを観光。
20051028125236.jpg
<ブドウ酒の門>
20051028125312.jpg
アルカサバへの入口であるこの門には「唯ひとり、神だけが勝利者である」と刻まれている。

20051028130458.jpg
<アルカサバ>
20051028130604.jpg
アルカサバへの通路から王宮を望む
ベラの塔からの眺望は圧巻でした。
20051028131531.jpg
<アルバイシン>
20051028131545.jpg
昨日行ったアルバイシンのサン・ニコラス展望台
20051028131645.jpg

20051028131717.jpg
<グラナダの町>
20051028131737.jpg
昨日行ったカテドラル&王室礼拝堂

20051028132549.jpg
この子も野良犬です。ベンチに座ってホットドッグを食べている観光客の前にお座りしてちょう~だい!とおねだり。
20051028132614.jpg
ダウンして見つめていると、おすそわけが降って来ました!グラナダは暖かいし、こうやって観光客から食べ物を分けてもらえるので、出会う野良犬たちは人なつこい。

王宮の拝観時間になったので入場。
20051028133106.jpg
<王宮の入口>やはり丸い石を敷きつめた石畳。
20051028134553.jpg
水と建物の調和が美しいアラヤネス(天中花)の中庭
20051028134251.jpg
<ライオンの中庭>ムハマド5世時代の124本の大理石柱からなるアーケードがめぐらされ、中央に12頭のライオンに支えたらた噴水がある。ここはハーレム。2階の部屋に王の后達が住んでいた。

20051028155739.jpg
<二姉妹の間>この部屋の鍾乳石飾りは宮殿中随一の繊細精密の極み。
20051028155759.jpg


20051028160254.jpg

20051028161407.jpg
<リンダラハ庭園>
20051028161433.jpg
<パルタル庭園>
20051028162302.jpg
<カルロス5世宮殿>1階はアルハンブラ美術館になっている。
20051028162444.jpg
ヘネラリフェ:王の夏期の別荘を望む



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。