ヨーロッパ 旅の小窓
シルクステビア
プロフィール

武蔵母

Author:武蔵母
WINDS ASSOCIATION主宰の武蔵母のもう一つの顔は犬の育成をサポートする会社「Tail up !」の店長です。
2007年2月にオープンした「Tail up !」は、2006年7月にスタートした「EAV Labo. for animals」を併設して、Dogs&Catsの健康管理をお手伝いしています。

最近の記事

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミュンヘン
フランスのルイ14世を崇拝していたルードヴィヒ2世がフランスのロココ様式で1874年~78年に造らせたリンダーホーフ城。
20051019113645.jpg
 残念ながらお城は修復中でネットをかぶっており、その優雅な姿を撮影することができませんでした。
20051019113835.jpg
<寝室>
20051019113914.jpg
 
20051019113949.jpg
 お城の内部はガイドツアーでのみ見学ができます。

20051019114410.jpg
 この前庭の噴水は間隔をあけて出るのですが、とっても高~く上がります。
やはりここでも暑さ対策で・・・
20051019114428.jpg
 犬と一緒に噴水に入って涼をとっていました。

この旅最後の訪問地:ミュンヘンにやって来ました。
20051019115138.jpg
 <カールス門>

夕食はミュンヘンの名所:ホーフブロイハウスに出かけました。
20051019115657.jpg
 ホーフブロイとは宮廷ビール醸造所を意味します。つまりこの場所は16世紀のバイエルン王室の御用達の製造所跡だったのです。
20051019120114.jpg
 ヨーロッパに来ていつも羨ましく思うこと。ご覧のように犬連れでレストラン内(屋外ではありません)に食事に来られるのです!

1664年から造営が始まり、19世紀まで増築が重ねられてきたニンフェンブルク城。
20051019120350.jpg
 このお城はバロック様式で建てられています。
20051019120651.jpg
 この部屋は前出のヴィース教会と同じ人が手がけています。
20051019120735.jpg
 ここにはマイセン窯に勝るとも劣らないニンフェンブルク窯があります。
20051019120806.jpg

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。