ヨーロッパ 旅の小窓
シルクステビア
プロフィール

武蔵母

Author:武蔵母
WINDS ASSOCIATION主宰の武蔵母のもう一つの顔は犬の育成をサポートする会社「Tail up !」の店長です。
2007年2月にオープンした「Tail up !」は、2006年7月にスタートした「EAV Labo. for animals」を併設して、Dogs&Catsの健康管理をお手伝いしています。

最近の記事

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホーエンシュヴァンガウ
ボーデン湖畔にパステルカラーの家並のおとぎの国のような町メーアスブルクがあります。
20051017125010.jpg

この町には飛行船ヒンデンブルグ号で有名なツェッペリン博物館があります。
20051017125230.jpg
 ヒンデンブルグ号は日本に来たことがあるんです。その時の後援者の一人は松坂屋(百貨店)さんだったんですって。
20051017125449.jpg
あの大事故の時の乗組員の服装です。

ドイツで有名なお城の一つが、白鳥の城-ノイシュヴァンシュタイン城です。
そのお城を観光するための宿泊地:ホーエンシュヴァンガウ。
20051017130003.jpg
 <ホーエンシュヴァンガウ城>
この黄色いお城はノイシュヴァンシュタイン城を建てたルードヴィヒ2世のお父さんのお城です。
20051017131000.jpg
薄幸なルーッドヴィヒ2世が弟オットーと幸せな子供時代を過ごしたお城です。

ノイシュヴァンシュタイン城の美しい全体像を眺めるには、
20051017131403.jpg
マリエン橋が一番ですが、高所恐怖症の方にはちょっと・・・
20051017131603.jpg
<橋の真ん中から眺めるノイシュヴァンシュタイン城>

ここまでホーエンシュヴァンガウから裏山を歩いて登ること20分。
その途中で出会った犬達。
20051017132455.jpg

20051017132610.jpg

20051017132649.jpg

20051017132821.jpg
マリエン橋からの帰り道にホーエンシュヴァンガウを望む

目的のノイシュヴァンシュタイン城の見学を朝一番に予約しておきました。
20051017133906.jpg
 
20051017134128.jpg
 ホーエンシュヴァンガウから望むノイシュヴァンシュタイン城

バイエルン国王ルードヴィヒ2世が17年の歳月と巨額の費用を費やし、精魂込めて造った白亜の城。日本語ガイドホンがあります。
20051017140323.jpg
<礼拝堂> 
20051017140704.jpg
 
20051017140958.jpg
 作曲家ワーグナーのパトロンとして、オペラに取り憑かれた王はオペラの名場面を城内に描かせている。
20051017141404.jpg
 かつて国の財政を傾けたことを彷彿とさせる内装の豪華さでした。

帰りのバスを待つ間に出会った犬達。
20051017141704.jpg

20051017141747.jpg
 後ろ足を怪我していて、手当をしてもらっている最中でした。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。