ヨーロッパ 旅の小窓
シルクステビア
プロフィール

武蔵母

Author:武蔵母
WINDS ASSOCIATION主宰の武蔵母のもう一つの顔は犬の育成をサポートする会社「Tail up !」の店長です。
2007年2月にオープンした「Tail up !」は、2006年7月にスタートした「EAV Labo. for animals」を併設して、Dogs&Catsの健康管理をお手伝いしています。

最近の記事

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツェルマット④
ヨーロッパ最高地点の展望台はマッターホルンの東側、ブライトホルンのすぐ手前にある尖った小峰で、見る角度によってマッターホルンに似た姿をしているクライン(小)・マッターホルンにあります。
でも、展望台はなかなか遠くて・・駅に着いても、トンネルを歩き、エレベーターに乗り、最後に急なメッシュの透け透けの階段を滑らないようにひたすら登らないとたどりつけません・・
20061031131148.jpg
この日はホテルマンが絶賛するお天気でした!
20061031131316.jpg
展望台では360°の大パノラマが展開。
ただただ「素晴らしい!美しい・・・」と感動!

20061031131232.jpg
大きく目の前に迫るマッターホルン。見る角度が違うとイメージが全然違いますね。
20061031131246.jpg
標高3883m 
20061031131543.jpg
この展望台には何故か大きな十字架が・・
20061031131431.jpg
今日は快晴ゆえ、フランスからオーストリア、イタリアまでさえぎるものもなく見渡せました。
20061031131452.jpg
昨日行ったゴルナーグラートを望む。
20061031131517.jpg
ブライトホルンへの登山道が雪の上に点々で描かれています。
20061031131603.jpg
望遠で見てみると、登山者が沢山!

次に向かったのは、マッターホルンに最も近づける場所:シュヴァルツゼー
20061031141108.jpg
シュッヴァルツゼー駅であった犬連れの家族。
20061031141141.jpg
まずは石の巨人をじっくり鑑賞。
右側にそびえる昼なお暗い岩壁が、かの有名な北壁。
20061031135842.jpg
ヘルンリ稜に建つ「登山中継基地:ヘルンリ小屋」

シュヴァルツゼー(黒い湖)の周りではイベントが行われているようです。
20061031142154.jpg

20061031142216.jpg
アルペンホルンの音色がこだましていました。
20061031144114.jpg
湖の畔で。

さてここからハイキングの始まりです。
20061031135907.jpg
先程会った家族と一緒に出発!

20061031144601.jpg
向こうから楽しそうにやって来ました。
20061031144624.jpg

20061031144642.jpg
もう少し先には・・とまぁ、犬だらけです!

20061031150054.jpg
こんな風景を眺めながらのんびり歩きます。
20061031150109.jpg
マウンテンバイクで何と登って来る強者に出会いました

20061031150427.jpg
またちょっと違ったシルエットのマッターホルン。
20061031150445.jpg
ワタスゲも咲く湿地帯を通って行きます。
20061031150507.jpg


20061031150937.jpg
最初の休憩小屋からの眺め。
20061031150957.jpg


20061031151410.jpg
クライン・マッターホルンで知り合ったS氏。都内の小学校の美術の先生をしておられます。S氏はスイスが大好きで、何度も訪れているそうです。
ビギナーの私達には有り難いガイドさんでした!
20061031151430.jpg
道中にあるツムットの村。

20061031151510.jpg
用をたしています・・
20061031151543.jpg
「イヌ」と言う名前で呼ばれていました。暑さと長い距離を歩いてバテバテの様子。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/09/08 01:14】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/11/15 19:27】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。