ヨーロッパ 旅の小窓
シルクステビア
プロフィール

武蔵母

Author:武蔵母
WINDS ASSOCIATION主宰の武蔵母のもう一つの顔は犬の育成をサポートする会社「Tail up !」の店長です。
2007年2月にオープンした「Tail up !」は、2006年7月にスタートした「EAV Labo. for animals」を併設して、Dogs&Catsの健康管理をお手伝いしています。

最近の記事

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルコス・デ・ラ・フロンテーラ~セビーリャ
半月も更新出来ず、ごめんなさいm(_ _)m

20051201131057.jpg
風力発電の風車の林をぬけて、一路アルコス・デ・ラ・フロンテーラへ。

アンダルシアの大地に立ちはだかった恐竜の背のような岩山の上に、アルコス・デ・ラ・フロンテーラの町はある。
20051201131804.jpg


20051201131931.jpg
パラドール<かつてのコレヒドール(王室代理官)の邸宅>への道。
20051201132357.jpg
石灰で塗られた白壁の家々。迷路のように入り組んだ、アラブ支配の面影を残す町並み。

20051201132542.jpg
パラドールからの眺め。<昼>
20051201132711.jpg
<夜>
20051201132745.jpg
<朝>
20051201133329.jpg
パラドールのバルのテラスからの眺めもすばらしい!
カフェでアイス・カフェオレを注文すると、暖かいカフェオレとグラスに入った氷とが別々に運ばれて来る。カフェオレに砂糖を加え、自分でグラスに移してかき混ぜて飲みなさいと言うことらしい・・・

20051201132957.jpg
旧市街の中心、カビルド広場からの眺め。足元にはグアダレーテ川が流れ、その向こうにはオリーブの木でおおわれた平原が続く。
20051201134204.jpg


20051201133207.jpg
<サンタ・マリア教会>プラテレスコ様式のファサードと塔は18世紀に立て直されたもの。
20051201134358.jpg
さすがにマリア像がそこかしこに祭られている。
20051201134424.jpg

20051201134504.jpg


20051201134930.jpg
「所変われば品変わる」ポストの形は日本の旧型と似ていますが、色が黄色です。

20051201141324.jpg
アルコス・デ・ラ・フロンテーラを後にする際、泊まったパラドールを仰ぎ見る。

オリーブ畑を左右に見ながら、セビーリャへ。
20051201131242.jpg


20051201141634.jpg
<カテドラル>イスラム支配時代のモスクの跡地に、1402年から約1世紀かけて建設されたスペイン最大の大聖堂。
20051201141657.jpg
入口のパロス門。観光の目玉だけあって長い行列。
20051201142943.jpg


20051201144511.jpg
<パイプオルガン>
20051201143030.jpg

20051201143228.jpg


20051201143907.jpg
<コロンブスの墓>スペインを構成したレオン・カスティーリャ・ナバーラ・アラゴンの4人の王が柩をかついでいる。

20051201144237.jpg
<主礼拝堂>聖書の場面が彫刻された黄金色の木製祭壇。
20051201144327.jpg
<キリスト生誕>
20051201144354.jpg
<最後の晩餐>
20051201144429.jpg
<ピエタ>

20051201145423.jpg
<王室礼拝堂>アルフォンソ5世の墓がある。
20051201151207.jpg

20051201145520.jpg
レリーフが美しい。
20051201145602.jpg

20051201145700.jpg


20051201145752.jpg
オレンジのパティオから見上げて。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。