ヨーロッパ 旅の小窓
シルクステビア
プロフィール

武蔵母

Author:武蔵母
WINDS ASSOCIATION主宰の武蔵母のもう一つの顔は犬の育成をサポートする会社「Tail up !」の店長です。
2007年2月にオープンした「Tail up !」は、2006年7月にスタートした「EAV Labo. for animals」を併設して、Dogs&Catsの健康管理をお手伝いしています。

最近の記事

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツェルマット④
ヨーロッパ最高地点の展望台はマッターホルンの東側、ブライトホルンのすぐ手前にある尖った小峰で、見る角度によってマッターホルンに似た姿をしているクライン(小)・マッターホルンにあります。
でも、展望台はなかなか遠くて・・駅に着いても、トンネルを歩き、エレベーターに乗り、最後に急なメッシュの透け透けの階段を滑らないようにひたすら登らないとたどりつけません・・
20061031131148.jpg
この日はホテルマンが絶賛するお天気でした!
20061031131316.jpg
展望台では360°の大パノラマが展開。
ただただ「素晴らしい!美しい・・・」と感動!

[READ MORE...]
スポンサーサイト
ツェルマット③
ゴルナグラートの山頂からの景色。
20061004121113.jpg

20061004150908.jpg
ちょこんと座ったかわいい双子はカストール(左4226m)とポリュックス(右4091m)-双子座の星の名と同じ。
真ん中になだれ落ちる氷河はシュヴァルツ氷河。その右にブライトホルン氷河。


[READ MORE...]
ツェルマット②
標高1620mの素朴な村ツェルマット。
周囲には4000mを越える峰が29も集中しているが、谷が深すぎて村からはほとんど見えない。耀きながら蛇行する無数の氷河もまたどれ一つ見えない・・なのに何故こんなに人気があるのだろう?
それは村の奥に鎮座する山、マッターホルン(4478m)があるから・・
18世紀の昔から、人々はマッターホルンに憧れてツェルマットにやってきた。今でもアツピニストの聖地であることに変わりなく、スイスでは最高の名誉職と言われる山岳ガイドも80名を数える。

表情を変えるマッターホルンの雄姿をいっぱいご紹介しますね。
この日はあまりに天気が良いので、早速ゴルナーグラートに登ってみることにしました。
GGBはアルプス登山ブーム全盛期の1898年(明治31年)に開通したアプト式登山鉄道。
MVC00042.jpg
左側のトンネルがホテルへの入口。迎えの車はこの中に吸い込まれ、岩場に建つホテルの真下に到着。エレベーターでフロントに上がってチェックインします。
MVC00043.jpg
最初の停車駅フィンデルバッハの滝。

[READ MORE...]
サース・フェー~ツェルマット
氷河の村、サース・フェー。
氷河が見える村なんてスイスでは珍しくないが、周囲をぐるりと氷河に囲まれた村は他にはないという。
村は13の4000m峰に囲まれていて、中でもミシャベル連峰が素晴らしい!
一般車(電気自動車のみ走行)を閉め出した素朴なたたずまいも魅力。
MVC00004.jpg
村の入口にパーキングがあり、ここに車を置いて歩いて村に入る。
MVC00005.jpg
郵便局のガレージがバスターミナルになっていて、交通手段としてポストバスを利用する。
MVC00006.jpg
正面がアルプフーベル(4206m)。雪の下に青くガラス様に見えるのが氷河。

[READ MORE...]
モントルー~ロイカーバード
18世紀から19世紀の英国貴族の間で流行したスイス旅行は、「ジュネーヴに入ってからモントルーに」というコースが一般的。
スイスで最初にホテル(民宿)ができたのも、モントルーだとか。
レマン湖畔に建つバイロンの叙情詩「シヨン城の囚人」で有名なシヨン城に行ってみました。
シヨン城は9世紀にイタリアからアルプスを越えてやってくる東方商人達に、通行税・物品税をかける為の関所として造られ、13世紀までの間に現在の形となったそうです。
湖に突き出た岩場の上に建てられていて、遠くからだとまるで湖に浮かんでいるように見えます。
20060925113611.jpg
シヨン城の前の売店で出会った犬達
20060925113644.jpg
入口を入ると・・
20060925113705.jpg
中庭があり・・
20060925113746.jpg
周りは石の壁。
20060925113803.jpg
上からみると・・
20060925113817.jpg
うろこのように見える瓦。なんと亀の甲ように六角形をしていました!
20060925113840.jpg
一番高い塔からの眺め。
20060925113855.jpg
モントルーの町の方角を望む。
20060925113951.jpg
あいにくのお天気で、本来の美しい景色が撮れませんでしたが、日本語のパンフレットもあり、充分に見応えのあるお城でした。


高さ900mの絶壁にぐるりと囲まれたテルメ(温泉)の村、ロイカーバード。
MVC00003.jpg

20060925125111.jpg

ローマ時代に発見された源泉は1日に300万㍑、平均温度51℃の湯が今も噴き出している。
人口1700人の小さな村に22ものテルメがあり、アルプス最大の温泉保養地。
20060925125237.jpg
日本の温泉は含まれるミネラルの効能による湯治が中心なので、じっと浸かって暖まる。
ヨーロッパ流の湯治は、ジェットバス・うたせ湯・渦流浴・サウナ・ハーブ湯・冷湯・歩行浴など水圧と温度を利用した療法が中心。
ちなみにロイカーバードのお湯は硫黄泉。

20060925124957.jpg
リントナー・アルペンテルメ:ローマ調のゴージャスなテルメ
このテルメでローマンアイリッシュ風呂を体験しました。(テルメとは別に料金が必要です)
しかし・・日本人にはなかなか勇気がいるかも!
テルメは水着着用なのですが、ここは全裸で混浴です。サウナもお尻の下にはバスタオルを敷いてもよいですが、身体をタオルで覆うのはタブー。
その上マッサージコーナーには年配の男性と若い男性がいて、ブラシで身体の表裏を洗ってもらうのです。ハハハ・・ ちょっとばかし恥ずかしかった・・
20060925124940.jpg
写真に写っている女性のように、日本の温泉街を浴衣で歩く感覚で、宿泊ホテルのバスローブで外を歩けるようです

雨模様なので観光に出られず、ドッグウォッチングをすることに
20060925124847.jpg
堂々としたロットワイラーでした。
20060925124905.jpg

20060925124921.jpg

20060925125041.jpg
看板の向こうにももっと犬がいるのですが・・。
20060925125128.jpg

20060925125202.jpg
どんな大きさの犬も一流のホテルに宿泊可能です。
まさに犬も家族として一緒に旅行をしているのですね


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。